SDカードよりmicroSDカードのほうが安いのはなぜ? 読者の〝気になる疑問〟にプロが回答!

SDカードよりmicroSDカードのほうが安いのはなぜ? 読者の〝気になる疑問〟にプロが回答!

SDカードよりmicroSDカードのほうが安いのはなぜ? 読...の画像はこちら >>



Q
SDカードとmicroSDカードの価格は、同じスペックならmicroSDのほうが安いことが多いようですが、なぜですか? 普通は小型のもののほうが高くなると思われるのですが……。(大分県 K・Kさん 56歳)



SDカードよりmicroSDカードのほうが安いのはなぜ? 読...の画像はこちら >>



A
この質問は、記録メディアに詳しいテクニカルライターの市川政樹さんに聞いてみましょう。



市川
まず、大前提として、総販売量に圧倒的な差があります。microSDはスマホや携帯電話に欠かせない部品なので、大量に売れます。一方、SDは、デジタル一眼カメラやビデオカメラ、音楽プレーヤーやゲーム機などに一定の需要はあるものの、これらの機能がスマホや携帯電話に包括されるに連れて、以前ほど大量には売れなくなりました。つまり、「大量に売れるものは安い、少量しか売れないものは高い」という市場原理が働き、スマホの普及率が50%を超えた6~7年くらい前から、microSDのほうが安価に販売される状況が顕著化してきました。



ご質問にあるとおり、小型化するのは大変な技術革新ですから、microSDが誕生した当初は、確かに高価でした。そのころは対応製品が少なく、少量しか売れなかったという事情もあったと思われます。しかし現在、設備投資にかかった費用はすでに回収を終え、販売数も逆転しているので、安い価格設定が可能になっているのではないでしょうか。



と、こうした前提を踏まえて、改めて市場を見渡すと、同じ容量のmicroSDなのに、ブランドによってけっこう価格差があり、SDより安いとはいえないことも多々見受けられます。これは、どうしたことでしょう?


編集部おすすめ

当時の記事を読む

特選街Webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク