【二度寝する人は要注意?】子宮脱になりやすい人の共通点

【二度寝する人は要注意?】子宮脱になりやすい人の共通点



骨盤は、自律神経と深いかかわりがあります。子宮脱の場合、左の骨盤が締まりきりません。その結果、交感神経の働きが不十分となり、二度寝したり、日中も眠くて仕方なかったりといったことが起こるのです。【回答者】佐藤裕博(整体ヨガ道場悠遊塾主宰)



回答者のプロフィール



【二度寝する人は要注意?】子宮脱になりやすい人の共通点



佐藤裕博(さとう・ゆうはく)
整体ヨガ道場悠遊塾主宰。昭和48年生まれ。整体ヨガ道場「悠遊塾」を主宰。10代の頃より東洋医学、禅、修験道などに興味を持ち、中心感覚研究会の故岡島瑞徳氏に師事。自然治癒力を引き出し、体を敏感にしていく整体を行っている。



今回の悩み「子宮が下がってくる」
30代後半で初産、40代に入る頃には、くしゃみをするたび尿もれをしていました。最近、お風呂で膣を洗うたびに、何かが指に当たるのを感じます。子宮が下がってきているようで、心配です。手術は避けたいのですが何かよい方法はないでしょうか。(50代女性)



二度寝をする人は子宮脱になりやすい?



「朝、起きづらい」「物をよく落とす」「決めたことを実行できない」。相談者さまには、そんな傾向がありませんか?



ご相談の症状は「子宮脱」といわれる病気です。一般的には、出産や加齢で子宮を支える筋肉がゆるむことで、発症するとされています。



しかし整体から見ると、ゆるんでいるのは筋肉だけではありません。心身からも適度な引き締まりが失われた結果の症状と考えます。



そのような人には、冒頭の傾向が見られることが多いのです。なぜか説明しましょう。


あわせて読みたい

特選街Webの記事をもっと見る 2019年4月24日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。