どうして「サラダ油」は体に悪いといわれるの?

どうして「サラダ油」は体に悪いといわれるの?



サラダ油をやめれば明らかに体は変わります。ではサラダ油を避け、どんな油をとればよいのでしょう。一つは、エゴマ油とアマニ油です。これらの油の主成分はオメガ3系のαリノレン酸です。αリノレン酸には血液をサラサラにして血栓を防ぐ働きがあります。【解説】山嶋哲盛(有松医科歯科クリニック脳科学専門医)



解説者のプロフィール



どうして「サラダ油」は体に悪いといわれるの?



山嶋哲盛(やましま・てつもり)
1975年、金沢大学医学部卒業、 79年、同大学院修了(医学博士)。ドイツとスウェーデンで脳科学を学ぶ。金沢大学医学部助教授、同大学院医薬保健学総合研究科・再生脳外科長などを歴任し、現在、有松医科歯科クリニックで認知症の早期診断と予防的治療を行う。サラダ油のヒドロキシノネナールがアルツハイマー病の原因物質であることを発見。著書に『サラダ油をやめれば認知症にならない』(SB新書)など多数。



成分表示の植物性油脂や食用植物油に要注意!



動脈硬化は、血管の老化現象です。進行を遅らせたり、血液をサラサラにしたりすることで、脳梗塞や心筋梗塞を防ぐことは可能です。



そのためには、何を行えばよいのでしょうか。それはズバリ、「サラダ油をやめること」です。



サラダ油とは精製された植物油のことで、日本での主流はキャノーラ油(菜種油)。そのほか、紅花油、大豆油などがあります。



サラダ油の主成分は、オメガ6系のリノール酸です。揚げ物料理を作るときに、リノール酸を200度前後に加熱すると、「ヒドロキシノネナール」という毒性物質が大量に発生することがわかっています。


あわせて読みたい

特選街Webの記事をもっと見る 2019年4月19日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。