SDカードの弱点「データが消える」「認識しない」原因は?

SDカードの弱点「データが消える」「認識しない」原因は?

SDカードの弱点「データが消える」「認識しない」原因は?の画像はこちら >>



SDカードは、軽量コンパクトで大容量が特徴。スマホやカメラの記録媒体として普及したが、SDカードには、唯一といえる弱点がある。それが耐久性だ。大切なデータが消失した、メモリーカードを認識しない、そんな話はよく聞く。それを回避するためには、耐久性の高いSDカード製品を選択したい。SDカードの耐久性を左右する「書き込み方式」について知っておこう。書き込み方式には、SLC、MLC、TLCの3つの方式がある。



耐久性を重視するならSLC方式がいい



結論から先に言ってしまうと、「SLC」という書き込み方式を採用したSDカードが、最も耐久性が高い。
データ保持力を重要視する産業用のSDカードとして、SLC方式の製品が存在する。
産業用、高品質で大容量製品が存在せず、高価だが、安心感という点では選択する価値がある。



SDカードは、長期保存に不向きである



SDカードは、一般的に長期保存に不向きとされている。それは、SDカードの記録原理や構造に理由がある。
SDカードの内部には「セル(Cell)」と呼ばれる、電池のように電気を溜める素子が無数に配置されている。
このセルに電気を溜めることで、デジタルデータの基本である「0か1」というデータを保存する仕組みになっている。



セルに溜めた電気が永遠に保持されていれば、データが消失することはないのだが、残念なことに、そうもいかず、数年~十数年という長期間にわたり、SDカードに通電せずに保管すると、セルから自然に電気が抜けてしまい、データが消失する。
デジカメで撮影した写真データを、SDカードのまま机の引き出しに入れておくと、数年で写真が綺麗さっぱり無くなっている、という悲劇が起きてしまうわけだ。


当時の記事を読む

特選街Webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク