【違いは?強みは?】4Kテレビ最新6機を〇×評価!

【違いは?強みは?】4Kテレビ最新6機を〇×評価!



4Kテレビは、「4Kチューナー」が内蔵されているか、内蔵されていないか、で大きく区別される。ここで取り上げるのは、チューナーが内蔵されていない「4Kチューナー非内蔵モデル」。ソニー、LG、パナソニック、フナイなどの6機種を○×形式で評価した。



チューナー非内蔵4Kテレビ サイズ別〇×大図鑑



4Kテレビは、「4Kチューナー内蔵」と「4Kチューナー非内蔵」に大きく分けられる。ここでは、4Kチューナー非内蔵モデルを中心に、各社の注目機を○×形式で評価していこう。



チューナー内蔵4Kテレビの〇×評価はこちら



55V型



55V型・有機EL
ソニー KJ-55A8F

実売価格例:30万2270円

【違いは?強みは?】4Kテレビ最新6機を〇×評価!

●HDMI×4
●年間消費電力量/241kWh
●サイズ/幅122.6㎝×高さ71.7㎝×奥行き25.5㎝
●重量/22.2㎏

●チューナー
地デジ ×2、BS/110度CS×2
●4Kネット動画
NetflixYouTubeAmazon

【違いは?強みは?】4Kテレビ最新6機を〇×評価!

電源オン時の起動時間や、ネット動画アプリの起動時間は大幅に短縮されたが、チャンネル切り替えはやや遅め。



評価
厚みのある絵作りで音質もバランスが良好。地デジは精細さ不足



【違いは?強みは?】4Kテレビ最新6機を〇×評価!

ソニーの有機ELスタンダードモデルで、壁掛けも容易なスリムデザインが特徴的。同社有機ELの初代機、A1シリーズの後継だが、テーブルトップ型のスタンドの採用により、設置時の自由度を改善している。テレビの基本技術はA1を踏襲しているが、画質や音質は成熟度を増している。高コントラストパネルの持ち味を生かしたメリハリの利いた、厚みのある絵作りは、いかにもソニー流。明るい部分のノイズも抑えられ、店頭でのアイキャッチ効果は格別だ。音質も帯域バランスが整い、人の声がだいぶ聴きやすくなった。


あわせて読みたい

特選街Webの記事をもっと見る 2019年5月17日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。