【花粉症の薬も?】心臓に負担をかける8つの生活習慣

【花粉症の薬も?】心臓に負担をかける8つの生活習慣



心臓の病気は、他の臓器の病気に比べて患者さん自身が早期発見しやすいものです。治療では、最初から手術が必要になるケースはごく少数で、多くの場合はまず生活習慣を見直します。手術を検討する段階になったときは、納得できるまで説明を聞き、自身が選び、決断することが大切です。【解説】天野篤(心臓血管外科医・順天堂大学医学部心臓血管外科教授)



解説者のプロフィール



【花粉症の薬も?】心臓に負担をかける8つの生活習慣



天野篤(あまの・あつし)
心臓血管外科医。順天堂大学医学部心臓血管外科教授。医学博士。1983年日本大学医学部卒業。1997年冠動脈バイパス手術の症例数で日本一となる。2002年7月順天堂大学医学部心臓血管外科教授に就任。2012年東京大学医学部附属病院で行われた天皇陛下の心臓手術(冠動脈バイパス手術)執刀。2016年4月より2019年3月まで順天堂大学医学部附属順天堂医院院長を務める。心臓を動かした状態で行う「オフポンプ術」の第一人者で、これまでに執刀した手術は8000例を超え、成功率は98%以上。著書『熱く生きる』『100年を生きる心臓との付き合い方』(ともにセブン&アイ出版)が好評発売中。



患者さんの負担を減らす「オフポンプ」手術



私は、36年前に心臓外科医としての道を歩み始めて以来、8000例以上の手術を手がけてきました。



その間、できるだけ患者さんの体への負担が少なく、かつ長年、元気で過ごしていただける手術をしようと、研鑽を積んできました。


あわせて読みたい

特選街Webの記事をもっと見る 2019年8月11日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら