心臓への意識が自律神経を整える「心臓ヨガ」のやり方

心臓への意識が自律神経を整える「心臓ヨガ」のやり方



「心臓ヨガ」のゆったりとした呼吸や動作、瞑想は、副交感神経を優位にします。副交感神経が優位になれば、血管が拡張したり血圧が下がったりして心臓や血管への負荷が減ります。まずはぜひ一度、心臓に意識を向けてみてください。【解説】秋山綾子(日本ポジティブヘルス協会代表理事)



解説者のプロフィール



心臓への意識が自律神経を整える「心臓ヨガ」のやり方



秋山綾子(あきやま・あやこ)
一般社団法人日本ポジティブヘルス協会代表理事。金沢大学卒。北里大学大学院循環器内科学博士課程。医科学修士。理学療法士、心臓リハビリテーション指導士。心臓病のためのヨガCARDIAC YOGAをアメリカで学び、日本人初の公認指導者となる。またインドで最も歴史あるヨガ研究所KAIVALDHAMA YOGA INSTITUTEで研修を受ける。伝統的なヨガと医療職・研究者としての知識「ポジティブヘルス」の考え方を融合させた「心臓ヨガ」®の普及活動に努める。



心臓を感じることで自分と向き合うヨガ



「心臓は、全身へ血液を送り出す臓器」。そんな知識はあっても、普段から「心臓」という臓器を意識しているかたは少ないのではないでしょうか。



「心臓ヨガ」は、自分の心臓に意識を向けて、心臓を感じることで、自分自身と向き合うヨガです。



ヨガというと、日本では健康を目的とした呼吸法をともなう運動という印象が強いかもしれません。しかし伝統的なヨガでは、自分や他人に対する態度や、日常生活でもできるポーズ、呼吸法、瞑想法があり、幸せに生きることを目的としています。


あわせて読みたい

特選街Webの記事をもっと見る 2019年7月14日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。