食べる時はカレーだけ?らっきょう漬けの健康効果とは

食べる時はカレーだけ?らっきょう漬けの健康効果とは



漢方ではラッキョウは「薤白(がいはく)」と呼ばれる生薬です。西洋医学的に見ても、心肺機能への効果が期待できる成分が豊富です。また、私が黒酢ラッキョウに使用している純米黒酢には、血液中の赤血球のしなやかさを高める力が確認されています。【解説】山浦卓(横浜漢方サント薬局薬剤師・医学博士)



解説者のプロフィール



食べる時はカレーだけ?らっきょう漬けの健康効果とは


山浦卓(やまうら・たく)
薬剤師。医学博士。医学的根拠に基づく「医食同源」の考え方を駆使し、相談者に合った養生法を提案。独自の健康食品の開発を行いながら、大学で天然生薬や機能性食品の研究を続ける。漢方薬も含め、なるべく薬に頼らない症状改善や健康づくりを目指している。



古来より漢方薬の原料だったラッキョウ



ラッキョウはカレーの付け合わせでしか食べないという人は多いのではないでしょうか。



漢方では、ラッキョウは「薤白(がいはく)」と呼ばれる生薬(漢方薬の原料)です。腹部を温めて血行をよくする作用から、心臓や肺の病気・症状に対する漢方薬として重用されています。



このラッキョウを、黒酢とハチミツを用いた汁に漬けたものが「黒酢ラッキョウ」です。



黒酢ラッキョウは、20年以上前に私の父・山浦計介が考案しました。狭心症や不整脈、動悸、ぜんそく、肺気腫といった病気によいと口コミで評判が広まり、現在も全国からお問い合わせいただいております。



父は、学生時代に恩師から「ラッキョウは体によいから食べなさい」と勧められていたそうです。その後、黒酢の健康作用を知ったさいに「ラッキョウを黒酢に漬けたらもっと体によいはずだ」と直感。自宅で家族・スタッフ総出で試作を始めました。


あわせて読みたい

特選街Webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月14日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。