【IgA腎症を克服】阪神・岩田投手の言葉を胸にマウンドに立つ

【IgA腎症を克服】阪神・岩田投手の言葉を胸にマウンドに立つ



この先、もう野球を続けることはできないのではないか……。そんな不安を抱えているとき、お見舞いに来てくださったのが、阪神タイガースの岩田稔投手でした。「病気というのは、きっと乗り越えられると神様が思った人にしか与えない物だ」と僕を励ましてくださいました。【体験談】平尾奎太(Honda鈴鹿硬式野球部投手)



プロフィール



【IgA腎症を克服】阪神・岩田投手の言葉を胸にマウンドに立つ



平尾奎太(ひらお・けいた)
Honda鈴鹿硬式野球部投手。1994年、大阪府生まれ。投手。大阪桐蔭高校では、2年連続甲子園に出場し連覇に貢献。同級生の投手には、藤浪晋太郎選手(阪神タイガース)がいる。同志社大学に進学し、関西学生リーグで8勝をマーク。4年生の秋には、4勝を上げてベストナイン受賞。同大卒業後、実業団チームのHonda鈴鹿に入社し、1年めから主力として活躍。さらに、侍ジャパン社会人代表に選出されるなど、今後の活躍が期待されている。



阪神の岩田投手の激励で野球を続けることを決意



僕がIgA腎症(血尿やたんぱく尿などの症状が現れる慢性糸球体腎炎の一種)という病気にかかったのは、大阪桐蔭高校の野球部で甲子園を目指していた2年生のときでした。



その年の夏、2回ほど高熱を発して、ほとんど真っ黒な血尿が出たのです。違和感を覚えたものの、何日かすると元に戻りましたし、そのほかの自覚症状がないので、野球に全力で取り組んでいました。



しかし、9月に行った検査の結果、腎機能を示すクレアチニンの数値が、2.7mg/dlにまで達しているとわかりました。


あわせて読みたい

特選街Webの記事をもっと見る 2019年6月17日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。