【台紙ごと食べられるかも…】プリント写真の大敵「紙魚」とは?

【台紙ごと食べられるかも…】プリント写真の大敵「紙魚」とは?



フィルムやプリント写真といったアナログ素材は、ただ押し入れなどにしまっているだけでは、湿気やカビ、紫外線、虫食いなどの被害によって傷んでしまう。ここでは、アナログ素材保管時にやってはいけない4つの「べからず」と、大切な写真を守るための対策を紹介する。



アナログ素材は湿気やカビに注意して保管し、定期的に閲覧しよう



フィルムやプリント写真といったアナログ素材の保管時の敵は、「湿気」「カビ」「紫外線」「虫食い」などだ。
湿気はカビの原因にもなるし、プリント写真なら、縮みや伸びの原因にもなる。カビはフィルムやプリント写真の表面を侵食してしまうし、紫外線は化学反応で記録されている写真を消してしまう。虫食いについては、主に紙を食べる紙魚(しみ)という虫が問題となる。紙魚は、紙しか食べないため、人体には無害だが、アルバムなどに貼られた写真を台紙ごと食べられてしまうおそれがある。



もちろん、きちんとした環境で保管されていれば問題にはならないが、古いフィルムやプリント写真は、押し入れの奥にしまわれがち。そうすると、湿気やカビと無縁ではいられなくなる。例えばフォトアルバムは、紙の本と一緒にしまうことで、古い本の中にいる紙魚が移ってしまい、虫食いの被害が発生することもある。その対策として虫干しをしても、誤って天日にさらせば、紫外線の影響を受けてしまう。



アナログ素材保管時の「べからず」集

▶押し入れは湿気が多いため、段ボール箱に入れての保管はするべからず
▶カビ防止のため、しまいっぱなしにするべからず。たまに閲覧すべし
▶紙魚(紙を食べる虫)の被害防止のため、古本と同居させるべからず
▶紫外線による写真破損防止のため、日光消毒はするべからず


あわせて読みたい

特選街Webの記事をもっと見る 2019年6月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。