耳に「輪ゴム」をかけるだけで小顔になる!正しいやり方はコレ



あごや耳の周りの筋肉の緊張が取れると、舌の位置が上がり、口腔の筋肉が正しく使われるようになります。



すると、飲み込み力が上がるので、高齢者の誤嚥を防いだり、滑舌がよくなったりという効果が得られます。あごが柔軟な子どもであれば、歯並びがよくなることもあります。



口呼吸が解消し、唾液の分泌もよくなるので、いびきやドライマウスの改善、歯周病予防、免疫力(病気に対する抵抗力)の向上も期待できるでしょう。



耳たぶが小さくて輪ゴムが外れやすかったり、10分以上続けてかけたりしたい人は、伸縮性のないデンタルフロスや、ワイヤータイなどでサイズを調整して使うのがお勧めです。



耳に「輪ゴム」をかけるだけで小顔になる!正しいやり方はコレ

この記事は『安心』2019年9月号に掲載されています。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

特選街Webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク