【エアコン】寝る時はつけっぱなし?空調家電は「睡眠」が最新トレンド!

【エアコン】寝る時はつけっぱなし?空調家電は「睡眠」が最新トレンド!

【エアコン】寝る時はつけっぱなし?空調家電は「睡眠」が最新ト...の画像はこちら >>



エアコンの差別化は、多くの場合「省エネ」でした。その象徴がリビングエアコン。2019年、このリビングエアコンは、「効率」「風」「自動掃除」の3要素がかなり完成した状態です。そしてもう一つ、今、エアコンの世帯所有台数は、2台を超え、3台に迫る勢いです。要するに一家に一台でなく、一家に数台が現実なのです。この2つの状況下でのエアコントレンドは「睡眠」でした。



寝る時、付けっ放しでいいの?



昭和の時代、エアコンは深夜は「切る」家電でした。
電気代がかかることもありますが、当時、夜はそれなりに涼しかったのです。
少なくとも、起きた瞬間に27℃で、「はぁー」とため息を付くことはありませんでした。
当時は、午後2時の気温で約30℃。
このため、朝早く起きて涼しい内に勉強するのは当たり前で、12時までに、その日の課題を終わらせるわけです。
で、午後は少しお昼寝(仕事中は無理ですが)。
朝早いので、楽々眠れます。で、太陽が低くなったら再活動。
今は、そんなことありません。夜でも30℃近いときも多いです。



こうなったら、寝る時もエアコンを使うしかありません。
が、昼と夜とでは外気の状況がすこぶる違います。
昼は、午後2時を目指し気温が上がり、寝るまで27℃くらいです。
しかし、夜は夜明け前に向け、ドンドン温度は下がります。
日によっても違いますが、20℃位まで下がる日もあります。



そうなると扇風機を使いたい人もいると思います。



しかし、夏の夜のポイントは良好な睡眠を得ること。
眠りが浅いと、夏の暑さに対抗できません。
では、深い眠りを得るためには、どうすればイイのでしょうか。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

特選街Webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク