名誉教授が飲み方を指南!インスタントコーヒーの意外な健康効果

名誉教授が飲み方を指南!インスタントコーヒーの意外な健康効果

名誉教授が飲み方を指南!インスタントコーヒーの意外な健康効果...の画像はこちら >>



毎日、豆を挽いてコーヒーを淹れることは難しい人は、インスタントコーヒーでもよいでしょう。実は「アラビカ種」と呼ばれるコーヒー豆よりも、インスタントコーヒーにブレンドされている「ロブスタ種」のほうが、抗酸化成分のポリフェノールを多く含んでいるのです。【解説】岡希太郎(東京薬科大学名誉教授・薬学博士)



解説者のプロフィール



名誉教授が飲み方を指南!インスタントコーヒーの意外な健康効果



岡希太郎(おか・きたろう)
東京薬科大学名誉教授・薬学博士。1941年、東京都生まれ。日本コーヒー文化学会副会長。東京薬科大学卒業。東京大学薬学博士。スタンフォード大学医学部留学。近年はコーヒーの薬理作用について精力的に研究を重ねている。『珈琲一杯の薬理学』『マンガ・珈琲一杯の元気』(医薬経済社)『がんになりたくなければ、ボケたくなければ、毎日コーヒーを飲みなさい。』(集英社)など、著者多数。



「コーヒーは薬」1日3杯で健康に



私はコーヒーの薬理作用についての研究を15年以上続けており、これまで「コーヒーは薬」と伝え続けてきました。



2015年には、東京大学と国立がん研究センターが「コーヒーを1日3~4杯飲む習慣のある人は、心臓病や脳卒中(脳の循環障害により運動障害や言語障害などが起こる病気のこと)による死亡リスクが低下する」というデータを発表しました。



コーヒーに含まれるポリフェノールの一つであるクロロゲン酸は血糖値や血圧を調整する働きがあります。また、カフェインといっしょに作用して血管の健康を保つことから、心臓病や脳卒中の予防が期待できるのです。


当時の記事を読む

特選街Webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク