【高すぎ?】ドラム式洗濯乾燥機の進化を5機種で比較

【高すぎ?】ドラム式洗濯乾燥機の進化を5機種で比較



ドラム式の基本は、衣類を持ち上げて落とす「たたき洗い」だが、最近はドラムの動きを細かく制御できるようになり、さまざまな洗い方ができるようになっている。またドラム式は縦型に比べて衣類乾燥が得意といえるが、温度や風量などの工夫により、さらにシワや縮みが抑えられるようになった。



目指せ!家電選びの達人
今回の家電は「ドラム式洗濯乾燥機」



洗濯物を入れてボタンを押せば、乾燥まで一手に引き受けてくれるドラム式洗濯乾燥機。洗濯物を干す煩わしさから解放されるため、「もう手放せない」という愛用者も多い。洗濯や乾燥の質が上がり、利用価値は年々上昇。今回は、最新5機種を対象に進化の程を追ってみた。



【高すぎ?】ドラム式洗濯乾燥機の進化を5機種で比較

監修者のプロフィール

中村剛
「TVチャンピオン」スーパー家電通選手権で優勝の実績を持つ家電の達人。家電製品総合アドバイザー、消費生活アドバイザー。東京電力「くらしのラボ」所長。現在、暮らしに役立つ情報を動画(Facebook)で配信中。



洗濯性能



■温水洗浄のほか、各社がさまざまに取り組む



欧米で主流だったドラム式洗濯乾燥機を、日本でも扱い始めたのが1990年代後半。環境や文化の違いから、仕組みや構造を日本向けに改良する必要があり、2000年代に入ると、さまざまな製品が登場した。



ドラム式を普及させる一つのきっかけを作ったのが、三洋電機(当時)の「トップオープンドラム」。これは、ドラム式ながら縦型洗濯機のように、衣類を上から出し入れできる構造で、工夫しだいで日本でもドラム式が使える可能性を提示した。


あわせて読みたい

特選街Webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月15日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。