【認知症の症状】大きく分けて2種類 中核症状と問題行動

【認知症の症状】大きく分けて2種類 中核症状と問題行動

【認知症の症状】大きく分けて2種類 中核症状と問題行動の画像はこちら >>



物忘れ、過食、徘徊など認知症の症状は様々ですが、原因は脳の病気。脳の神経細胞が損なわれ、脳機能が低下してしまうのです。アルツハイマー型認知症は、「中核症状」と言われるほぼ全員に共通して現れる症状と、「BPSD(行動・心理症状=問題行動)」と言われる人によって千差万別な現れ方をする症状の2つに分けて理解する必要があります。この記事では、まずこの中核症状と問題行動の特徴について解説しましょう。



解説者のプロフィール



【認知症の症状】大きく分けて2種類 中核症状と問題行動



1967年、神奈川県相模原市生まれ。榎本内科クリニック院長。東京医科大学高齢診療科客員講師。1992年、東京医科大学卒業後、同大大学院に進み、老年病科(現・高齢診療科)入局。1995年より、東京都老人総合研究所(現・東京都健康長寿医療センター)神経病理部門で認知症・神経疾患を研究。1998年、医学博士号取得。七沢リハビリテーション病院脳血管センターなどを経て、2009年、東京都調布市に榎本内科クリニックを開業。日本内科学会総合内科専門医、日本認知症学会認知症専門医、日本老年医学会専門医。現在、一ヶ月の来院者約1600名のうち、認知症患者は7割ほどにのぼり、高齢者を中心とする地域医療に励んでいる。著書に『認知症の親へのイラッとする気持ちがスーッと消える本』(永岡書店)、『笑って付き合う認知症』(新潮社)がある。
▼榎本内科クリニック(公式サイト)
▼研究論文と専門分野(CiNii)



脳の機能が低下すると現れる困った言動の正体とは?


当時の記事を読む

特選街Webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月22日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。