【イタ気持ちいい】「青竹踏み」ってどんな健康効果があるの?

【イタ気持ちいい】「青竹踏み」ってどんな健康効果があるの?



血圧について、「上」は心臓がギュッと縮んでいるときの収縮期血圧を、そして「下」は縮んでいないときの拡張期血圧を指しています。実は「下」だけを下げる降圧薬はありません。ですから、青竹踏みで拡張期血圧が下がるのは朗報と言えるでしょう。【解説】水嶋丈雄(水嶋クリニック院長)



解説者のプロフィール



水嶋丈雄(みずしま・たけお)
水嶋クリニック院長。1955年、京都府生まれ。大阪医科大学卒業。西洋医学を学ぶかたわら、鍼灸治療と麻酔科の世界的権威である兵頭正義先生に指示し、東洋医学を学ぶ。その後、長野県厚生連佐久総合病院での勤務や中国北京中医学院、中日友好病院への留学を経て、98年に水嶋クリニックを開業。西洋医学をベースに東洋医学、鍼灸、食事療法、気功療法などを取り入れた治療を行っている。



最小血圧を下げる働きがある



「青竹踏み」は、古くから日本に伝わる健康法です。



私は著書の中で青竹踏みを紹介しているのですが、それを読んで実行してみた患者さんから「先生、青竹踏みで血圧が下がりました」「肩こりも治りました」と、診察室で報告を受けることも少なくありません。



患者さんたちのお話を総合すると、青竹踏みを行うと、拡張期血圧が10~15mm㎜Hgほど下がることが多いようです。



血圧については、よく「上が140で下が100」などと言います。このときの「上」は心臓がギュッと縮んでいるときの収縮期血圧を、そして「下」は縮んでいないときの拡張期血圧を指しています(*当記事内では、収縮期血圧を〈最大血圧〉、拡張期血圧を〈最小血圧〉と表記しています)。


あわせて読みたい

特選街Webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月1日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。