【脳梗塞予防レシピ】水の飲み方も重要!医師が教える食事のコツ

【脳梗塞予防レシピ】水の飲み方も重要!医師が教える食事のコツ



脳梗塞にならないためには、過食を避けて塩分を控えめに。さらに、血管をやわらかく保つうえで、NO(一酸化窒素)を作るL-アルギニンやビタミンB群の葉酸を摂取することが推奨されます。今回はNOを増やすのに役立つレシピをご提案します。【解説】森本将史(横浜新都市脳神経外科病院院長)



解説者のプロフィール



【脳梗塞予防レシピ】水の飲み方も重要!医師が教える食事のコツ


森本将史(もりもと・まさふみ)



医学博士。脳神経外科医。IMS横浜新都市脳神経外科病院院長。京都大学医学部卒業後、国立循環器病研究センター、ベルギーのルーヴェン大学などで研鑽を積み現在に至る。専門分野は、脳卒中疾患(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血)。できるだけ薬に頼らず、脳卒中疾患を克服できるように生活習慣を改善することを提唱している。



脳梗塞を予防する食事のコツ



L-アルギニンが豊富な食材で血管をしなやかに



脳梗塞を予防するためには、日ごろから食事に気をつける必要があります。生活習慣病や肥満、動脈硬化が進行すれば、それに比例して脳梗塞のリスクが高まります。



食事の基本は、過食を避け、栄養バランスをよく考えて食べることです。野菜や海藻類などを積極的にとって、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを欠かさないようにしましょう。



また、内臓脂肪を蓄積する肥満は、脳梗塞にとって大敵です。内臓脂肪がアディポサイトカインという物質を分泌した結果、血栓ができやすくなって動脈硬化が進行します。



そうならないためには、常に「腹八分目」に抑えることを心がけ、糖質をとり過ぎないようにしましょう。


あわせて読みたい

特選街Webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月31日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。