もしかして脳卒中?救急車を即呼ぶべき顔・腕・言葉に現れる兆候

もしかして脳卒中?救急車を即呼ぶべき顔・腕・言葉に現れる兆候



最初の軽い段階で治療するのと、重症化してから治療するのとでは、予後が違ってきます。夜中でも我慢したり、近所の目を気にしたりせず、救急車を呼ぶようにしましょう。【解説】豊田章宏(中国労災病院治療就労両立支援センター所長・同病院リハビリテーション科部長)



解説者のプロフィール



もしかして脳卒中?救急車を即呼ぶべき顔・腕・言葉に現れる兆候


豊田章宏(とよた・あきひろ)



1986年、岩手医科大学医学部卒業、脳神経外科講座入局。90年、同大学大学院医学研究科終了。96年、中国労災病院リハビリテーション科部長。2018年、同病院治療就労両立支援センター所長に就任し、勤労者医療の一環として就労支援に取り組む。



脳卒中が起こってしまったら



後遺症を軽減するには3時間半以内に病院へ!



予防に努めていても、もし脳卒中が起こってしまったら、そのときはすぐに、救急車を呼んで、病院へ行ってください。救命はもちろん、後遺症をできる限り軽減するためには、一刻も早く適切な治療を受けることがカギになります。



特に、脳梗塞の治療に使われる血栓を溶かす薬は、発症から4時間半を過ぎると投与することができません。



長時間、血流がとだえた血管はもろくなっているため、薬で血栓を溶かして血流が再開すると、血管壁が破れて脳出血を起こす可能性があるからです。



また、すでに脳細胞が壊死していたら、薬を投与しても治療効果は見込めません。



検査に1時間はかかるので、実際には3時間半以内に病院に着いておく必要があるのです。


あわせて読みたい

特選街Webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月3日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。