【脳卒中予防】発症リスクが40%減少する「習慣」とは

【脳卒中予防】発症リスクが40%減少する「習慣」とは



今回は「1日のうちに5分間の速歩きを2回」行う簡易版インターバル速歩をお勧めします。体力が10歳若返ると、それに伴って最大血圧と最小血圧が下がり、脳卒中を発症するリスクが40%も減少することにつながります。【解説】増木静江(信州大学スポーツ医科学教授・医学博士)



解説者のプロフィール



【脳卒中予防】発症リスクが40%減少する「習慣」とは


増木静江(ますき・しずえ)



信州大学スポーツ医科学教授・医学博士。信州大学大学院工学系研究科博士前期課程修了。信州大学大学院医学研究科修了。米国Mayo Clinic 麻酔科博士研究員、信州大学大学院医学系研究科助教、同研究科准教授を経て、2018年より現職。主な研究分野は、「生活習慣病・介護予防のための運動処方」、「遺伝子多型と運動習慣の定着率と効果の個体差」など。
専門分野と研究論文(CiNii)



インターバル速歩とは



体力が10歳若返って発症リスクが40%減少



皆さんに、「歩くことは健康に役立ちます」などというのは、釈迦に説法というものでしょう。すでに、「1日1万歩」を目標に、日ごろから歩く習慣を身につけているかたもおられると思います。



私が所属している信州大学では、20年ほど前から「インターバル速歩」という方法を提唱しています。



これは、私の師匠である能勢博先生(現・信州大学医学部特任教授)が考案したものです。私は、このプロジェクトを2018年に引き継ぎ、さらに広めるための活動に取り組んでいます。



インターバル速歩とは、3分間速く歩き、3分間ゆっくり歩くことを30分間くり返す方法で、1週間のうち4日以上実践することを提唱しています。速歩きのスピードの目安は、「ややきついと感じて、息が切れるくらい」です。


あわせて読みたい

特選街Webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月29日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。