【冷やすのはこの2ヵ所】頭寒足熱で睡眠の質が高まる

【冷やすのはこの2ヵ所】頭寒足熱で睡眠の質が高まる



腎機能が低下している人の多くに、寝つきが悪い、眠りが浅い、一度目が覚めるとなかなか眠れないといった不眠の症状が見られます。質のよい睡眠がとれないと、腎機能の低下につながるのです。キーワードとなるのが「頭寒足熱」です。【解説】北濱みどり(グリーン健康会代表・漢方家[国際中医師A級])



解説者のプロフィール



【冷やすのはこの2ヵ所】頭寒足熱で睡眠の質が高まる


北濱みどり(きたはま・みどり)



グリーン健康会代表。漢方家(国際中医師A級)。日本エステティック協会認定エステティシャン、社会福祉士の顔も持つ。30年以上にわたり研究・実践する、漢方の考え方を軸に「バランス健康法」を考案。各地で講演活動を行い、その普及に努めている。著書に『体の不調は腎臓でよくする!』(かんき出版)がある。



中医学では腎臓は〝健康の要〟



腎臓は、体内の水分をつかさどる臓器です。腎機能が低下すると、水分の巡りが悪くなり、老廃物の排出が滞るなど、主に血液や尿に大きな悪影響を及ぼします。



この腎臓について、漢方の観点から考えてみましょう。漢方では、「気(生命エネルギー)」「血(血液)」「水(水分)」の三つの要素が体内をうまく巡ることによって、健康が維持されています。これら3要素の不足や滞り、偏りが病気や不調を招くと考えます。



また、漢方でいう「気」は、父母から受け取るエネルギーである「先天の精」と、食べ物から得るエネルギーである「後天の精」の二つから作られています。



腎臓と関係の深い精巣と卵巣は「先天の精」の貯蔵庫であり、「後天の精」を全身に運ぶのは血液です。このため、腎臓の機能低下が、気・血・水の巡りすべてを悪くして、万病につながると考えるのです。


あわせて読みたい

特選街Webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月1日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。