【洗濯モノの山】毎日うんざり…片付けのポイントは「干す・たたむ・収納」の動線を短くすること

【洗濯モノの山】毎日うんざり…片付けのポイントは「干す・たたむ・収納」の動線を短くすること
       

【洗濯モノの山】毎日うんざり…片付けのポイントは「干す・た...の画像はこちら >>



洗濯の作業で動く時の動線を短くし、干すまでの動作を減らすことで家事がラクになります。また、家族にも分担してもらい負担を軽くしましょう。【解説】カール友波(お片づけプレゼンター)



著者のプロフィール



【洗濯モノの山】毎日うんざり…片付けのポイントは「干す・たたむ・収納」の動線を短くすること


カール友波(となみ)



大阪芸術大学デザイン学科インテリア専攻卒業。整理収納アドバイザー1級。整理収納アドバイザー2級認定講師。子育てが一段落した後、大手家事代行会社のお片づけ部門を立上げ、様々なお客様のニーズに応えながら整理収納サービスに邁進。独立後、埼玉県内、都内、首都圏を中心に整理収納アドバイザー2級認定講座、「親子で学ぶおかたづけ」などのセミナーを開催。「カールく明るくお片づけ」のキャッチフレーズで重苦しくなりがちなお片づけがその人なりのペースでできると評判を呼ぶ。日本ではじめて生涯教育としてのお片づけ=「かたいく」を提唱し、普及に努めている。
▼お片づけアドバイス(公式サイト)
▼リアルおかたづけブログ
▼カール友波(Facebook)



本稿は『子どもがどんどん整理整頓したくなる!お片づけ帖』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。



洗濯の作業を見直そう



動作・動線がシンプルになる方法を考える



洗濯の負担を軽くするためには、洗濯に必要なそれぞれの作業の動線を短くする方法を考えましょう。



▼干す場所、取り込む場所、収納場所



洗濯モノを洗濯機に入れて、スイッチオン。終わったら、取り出して干し、とりこんでたたんで収納という作業で動く時の経路(動線)を思い浮かべてみます。干す場所、とりこむ場所、収納場所を固定観念にとらわれずに変えることで、動線は短くなりませんか? かもいにチョイかけできるグッズなど、干す場所をつくり出せる便利グッズもあります。


当時の記事を読む

特選街Webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月26日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。