「新型コロナウイルスの素朴な疑問」…医師・ジャーナリストの森田豊が回答!

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。3月19日(木)放送の「Blue Ocean Professional supported by 協会けんぽ健康サポート」のコーナーに、医師で医療ジャーナリストの森田豊先生が登場。リスナーから届いた「新型コロナウイルスに関する素朴な疑問」に答えました。本記事では、番組後半の内容を紹介します。
「新型コロナウイルスの素朴な疑問」…医師・ジャーナリストの森田豊が回答!

ヨガポーズをとる住吉美紀、森田豊先生



<リスナーからの質問>
家族が風邪気味。もしかしたら……でも、まだ検査は受けられないというときは、どうしたらいいですか?(宮城県 60代 女性)

森田:まずは、風邪の症状があったら、外出を避けるべきですね。これが基本です。持病がない一般の方で37.5度以上の発熱があり、症状がそれほど辛くなければ、4日間経過を見てから、「帰国者・接触者相談センター」に連絡するということになっています。

高齢者、持病がある方、妊娠している方は、2日間の経過観察後、センターに連絡してください。ただ、そうは言っても、苦しかったり、だるさが強い場合は、もっと早めにセンターに連絡してください。

インフルエンザの可能性がある場合は、48時間以内に薬を投与しないと効果が期待できないので、その際は、かかりつけ医に直接行くのではなく、電話相談をしてください。インフルエンザ検査は、鼻の奥の粘膜を綿棒で採取します。ただ、もしもインフルエンザではなくコロナウイルスに感染していた場合には、採取時のくしゃみなどにより、医療関係者も感染してしまう可能性があります。それを防ぐために、症状からインフルエンザの疑いがある方は、一般の医療機関では、鼻腔の検査をせず、インフルエンザに対する薬を処方ような指針を日本医師会が出しています。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月25日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。