「オヤジギャグ」は伝わりやすい!? キャラクター名をつけるときに心がけていることは? パントビスコが内田理央のラジオで明かす

「オヤジギャグ」は伝わりやすい!? キャラクター名をつけるときに心がけていることは? パントビスコが内田理央のラジオで明かす
拡大する(全2枚)
TOKYO FMの番組「Qoo10 presents 内田理央の明日、なに着よ?」(毎週金曜 18:30~19:00)。女優・ファッションモデルとして活躍する内田理央が、リスナーとの交流やゲストとのトークを通じて、等身大の「今」を発信する番組です。11月26日(金)の放送は、先週に引き続きマルチクリエイターのパントビスコさんが登場。お気に入りのキャラクターや、若い世代の人に伝えたいことについて話してくれました。
「オヤジギャグ」は伝わりやすい!? キャラクター名をつけると...の画像はこちら >>

パントビスコさん、内田理央



◆お気に入りのキャラクター

SNS総フォロワー数80万人を超えるパントビスコさん。Instagramに投稿したイラストが話題になり、これまでに5冊の著書を出版しています。オリジナルキャラクター「犬のぺろち」や、日常生活で起きた出来事をもとに創作した「カオス絵日記」シリーズなどが大人気です。

自身のキャラクターには、「ババ・バスオ」「サイコパスオ」などユーモラスで覚えやすい名前をつけることが多いと言うパントビスコさん。「『そのまんまやんけ』って感じですけど、一流企業のお仕事だったとしても、10文字くらいでわかりやすく伝えなければならないとなると“オヤジギャグ”だったりするんですよ」と話し、「一言でわかるほうが(インパクトが)強いので、ストレートに行くほうが良かったりするんですよね」と、その理由を語りました。

ちなみに、自身の生み出したキャラクターの中で一番のお気に入りは「やさ村やさし」だそうです。とにかく優しい言葉をかけてくれる男の子のキャラクターで、内田は「やさしさんの言葉が目に留まると、殺伐としがちな環境のなかでも、心がふわっと軽くなる感じがあります」とコメント。パントビスコさんも「みんな褒められたいし、優しくされたいんですよね、きっと」とうなずきました。

この記事の画像

「「オヤジギャグ」は伝わりやすい!? キャラクター名をつけるときに心がけていることは? パントビスコが内田理央のラジオで明かす」の画像1 「「オヤジギャグ」は伝わりやすい!? キャラクター名をつけるときに心がけていることは? パントビスコが内田理央のラジオで明かす」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ラジオ」に関する記事

「ラジオ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ラジオ」の記事

次に読みたい「ラジオ」の記事をもっと見る

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク