武井壮「先生の教えがなかったら、今の僕は絶対にない」…“光熱費を払えなかった中学生時代”を支えてくれた恩師との3年間を振り返る

武井壮「先生の教えがなかったら、今の僕は絶対にない」…“光熱費を払えなかった中学生時代”を支えてくれた恩師との3年間を振り返る
拡大する(全3枚)
お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの新番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。11月7日(土)放送は、“百獣の王こと”タレントの武井壮さんをお迎えしました。
武井壮「先生の教えがなかったら、今の僕は絶対にない」…“光...の画像はこちら >>

武井壮さん


土曜日の夕方17時から、たった1時間だけ営業する架空の旅行会社「エウレカドライブコーポレーション(EUREKA DRIVE CORPORATION)」通称“EDC(イーディーシー)”。毎回多彩なジャンルのゲストを招き、そのゲストの思い入れのある地をエピソードや音楽とともにめぐります。

11月7日(土)の放送では、ゲスト・武井壮さんの人生の転機となった1989年の東京・葛飾「修徳高等学校」、1998年のアメリカ「グランド・キャニオン」などをめぐり、当時のエピソードを伺いました。この記事では、「1989年 葛飾区 修徳高等学校」でのエピソードを紹介します。

*  *  *

川島:武井さんの母校・修徳中学校/高等学校。プロスポーツ選手のOBを数多く輩出している、スポーツの名門校でもあります。どうしてこの学校を?

武井:当時、両親と暮らせていなくてお金もありませんでした。公立の学校に行っても、ある程度の学費を払うので、どうしようかと。そこで当時、成績トップ3位以内の人は学費が免除される「特待生制度」と、1位の人は学費免除に加えて毎月1万2,000円が支給される「奨学金制度」を使えば、“僕も学校に通えるかもしれない”と思って、この学校を選びました。

この記事の画像

「武井壮「先生の教えがなかったら、今の僕は絶対にない」…“光熱費を払えなかった中学生時代”を支えてくれた恩師との3年間を振り返る」の画像1 「武井壮「先生の教えがなかったら、今の僕は絶対にない」…“光熱費を払えなかった中学生時代”を支えてくれた恩師との3年間を振り返る」の画像2 「武井壮「先生の教えがなかったら、今の僕は絶対にない」…“光熱費を払えなかった中学生時代”を支えてくれた恩師との3年間を振り返る」の画像3

当時の記事を読む

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月20日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。