「“よくあそこにいたよな”って、そういう感じ」宮沢和史が語る活動休止と今

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。9周年を迎えた10月1日(火)の放送は、シンガーソングライターの宮沢和史さんが登場。歌手活動を再開した際に感じたことついて話してくれました。
「“よくあそこにいたよな”って、そういう感じ」宮沢和史が語る活動休止と今

坂本美雨、宮沢和史さん



坂本:宮沢さんが一度「僕はステージを降ります」と言われて活動休止をされてからも、個人的に曲を制作されていたんだろうな、とは思うんですけれども。

宮沢:前にこの番組に呼んでいただいたときは、ありがたい気持ちもあったんですけれど“自分が出ていく場じゃないな”って気持ちで出ていたんですよ。マイクを置いて、人前で歌うことも2度とないだろうし。歌うことがあったとしても、呼ばれて目の前の人を喜ばせるだけみたいな。表立った活動はしないと思っていましたから。

(活動休止は)体調を崩したことが理由なんですけれど、僕にとってマイクを完全に置いたってことは、中学校以来なかったことだったので、その間に考えたことや出会ったことは、今振り返ってみると非常に大事で。今日も番組に呼んでいただいたときに、完全に立ち止まることの重要さっていうのを、噛みしめて出ています。

坂本:1回立ち止まってから、またレコーディングだったり人前で歌ったりを経験されて、歌い始めたときってどんなお気持ちだったんですか?

宮沢:いやもう、怖くて怖くて。ステージに行くのが怖くて震えちゃうし。

坂本:本当!?

宮沢:“よくあそこにいたよな”って、そういう感じ。スポーツ選手が試合に出るときとか、ボクサーがリングに上がるときとか、そういうのに似ているかもしれませんね。だから本当に、そういう意味では怖かったですけれど、その分ワクワクする気持ちが上回るっていうか。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2019年10月1日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。