宇野昌磨、羽生結弦の凄さを実感「自分がどれだけ良い演技をしても“まったく敵わない”」

宇野昌磨、羽生結弦の凄さを実感「自分がどれだけ良い演技をしても“まったく敵わない”」
拡大する(全1枚)
藤木直人、高見侑里がパーソナリティをつとめ、アスリートやスポーツに情熱を注ぐ人たちの挑戦、勝利にかける熱いビートに肉迫するTOKYO FMの番組「TOYOTA Athlete Beat」。7月17日(土)の放送では、フィギュアスケートの宇野昌磨(うの・しょうま)選手をゲストに迎え、お届けしました。

宇野昌磨、羽生結弦の凄さを実感「自分がどれだけ良い演技をして...の画像はこちら >>

宇野昌磨選手



宇野選手は、1997年生まれ、愛知県出身の23歳。トヨタ自動車所属。5歳の頃に遊びに行ったリンクで、浅田真央さんに誘われたのをきっかけにスケートを始めました。高難度の4回転ジャンプを着氷させる技術の高さが持ち味で、数々の世界大会で活躍し、2018年平昌冬季オリンピックでは銀メダルを獲得。2022年に開催を控える北京冬季オリンピックで、2大会連続のメダル獲得を目指しています。

◆コロナ禍のシーズンで感じたこと
藤木:昨シーズンは、宇野選手が出場を予定していたグランプリシリーズ・フランス大会などが中止。初戦が12月の全日本選手権という異例の事態でしたが、どんなシーズンでしたか?

宇野:例年にはない、すごく特別なシーズンになりました。いつもある試合がどれだけ恵まれた環境下だったのか、一つひとつの試合にどれだけ多くの方が関わっていて、協力してくれていたからこそ(試合が)できているのか、ということをあらためて実感できる年になったと思います。

藤木:5連覇がかかっていた全日本選手権は2位。氷上でガッツポーズも見られましたが、そのときの心境を教えてください。

当時の記事を読む

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク