声優・蒼井翔太 声のコンプレックスから抜け出したきっかけ

声優・蒼井翔太 声のコンプレックスから抜け出したきっかけ
拡大する(全1枚)
声優、アーティストの蒼井翔太 http://www.shouta-aoi.jp/さんが10月18日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。自身の高めの声がコンプレックスだっという蒼井さん。パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭が、そこから抜け出したきっかけを伺いました。

声優・蒼井翔太 声のコンプレックスから抜け出したきっかけの画像はこちら >>


とーやま校長:蒼井先生は、10代の頃、どういう子供だったんですか?

蒼井:テレビゲームが友達でしたね。僕は小学校3年生から不登校だったんです。家でずっとゲームをしていて、友達とも遊ばない、ご飯を食べたらすぐ自分の部屋に行って一人になる、みたいな子供でした。

とーやま校長:じゃあ、ほとんと喋ることもなかったってことですね。最初に「自分の声嫌いだわ」って思ったのは、何歳ぐらいの時なんですか?

蒼井:ちょうど小学校3年生のときに「お前の声高ぇんだよ!」って言われて。女の子みたいな声をしてたので、(声が高いと)よく言われるようになって。 容姿も女の子っぽかったので、余計に言われてましたね。

とーやま校長:そのときって、自分で何を思って、どう毎日生きていこう、とかって考えてたか覚えてます?

蒼井:いや、ただただ、逃げてました。人に会わなければ言われることもないし、人に会わなければ自分が人と違うところを見なくて済むし。「ゲームをしていれば自分の世界に入り込めるから」っていう理由で、ずっと逃げてました。

とーやま校長:そうなると、小学校3年生の“蒼井君”は、多分「ゲームをしている」っていうのが居場所だったわけじゃないですか。ご自分では“逃げている”と表現されましたけど、そこから“変わった瞬間”は何だったんですか?

当時の記事を読む

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク