村上春樹「どんな愛にも、ちょっとした“中休み”が必要」自身のラジオ番組「村上RADIO」で語る

村上春樹「どんな愛にも、ちょっとした“中休み”が必要」自身のラジオ番組「村上RADIO」で語る
拡大する(全1枚)
作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMの特別番組「村上RADIO」。2月28日(日)の放送は「村上RADIO~怒濤のセルフカバー~」と題して、村上さんが以前から“やってみたかった”というセルフカバー特集をオンエア。原曲とセルフカバーバージョンを、村上さんが思い出を語りながら選曲しました。この記事では、後半1曲とクロージング曲、“今日の言葉”についてお話された概要を紹介します。
村上春樹「どんな愛にも、ちょっとした“中休み”が必要」自身...の画像はこちら >>


◆Sting「If You Love Somebody Set Them Free」/『ブルータートルの夢』
◆Sting「If You Love Somebody Set Them Free」/『My Songs』
最後にスティングのヒットソング「If You Love Somebody Set Them Free」を聴いてください。1985年に発売されたアルバム『ブルー・タートルの夢』に入っていた曲です。

「もし君が誰かを愛しているのなら、相手を自由にしてあげなくちゃね。自分だけのものとしてしがみついていたいのなら、僕のことは忘れてくれ」

自由はいいですよね。でも自由になって何をするのかということも大事です。自由にしてはもらったけど、で、何すればいいんだ? みたいなことになるとけっこう困ります。
   


スティングがこのバンドで来日したとき、僕は聴きに行ったんです。東京湾の埋め立て地で、オールナイトでやったんだけど、雨がザァーザァー降っていて足元もドロドロ、大変でした。ブランフォード・マルサリスなんかが入っていたころですね。最初はオマール・ハキムとかケニー・カークランドとか入っていたんですけど、彼らもスティングのバックをずっとやっているのに疲れたのか、お金にはなるけど大変ですから、飽きて辞めていったみたいです。オリジナルのほうはジャズ関係者がバックですが、セルフカバーのほうはロック系の人がバックをやっていますね。

当時の記事を読む

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ラジオ」に関する記事

「ラジオ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ラジオ」の記事

次に読みたい「ラジオ」の記事をもっと見る

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月2日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。