「助ける人と助けない人を国籍で決めるのか?」せやろがいおじさんが“入管法”に苦言

「助ける人と助けない人を国籍で決めるのか?」せやろがいおじさんが“入管法”に苦言
拡大する(全1枚)
TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。5月11日(火)のお客様は、ラサール石井さんと沖縄で活躍するお笑いコンビ・リップサービスのせやろがいおじさん。ここでは、入管法についてのトークを取り上げます。現在の入管法や、外国人に対する日本人の声について、2人が物申すことに。

――前半の記事で、入管法とは何かについて解説していますので、そちらの記事もご確認ください。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

「助ける人と助けない人を国籍で決めるのか?」せやろがいおじさ...の画像はこちら >>

(左から)せやろがいおじさん、ラサール石井さん


◆99パーセント以上が難民として認められていない
せやろがい:一度入管施設に収容されている人のなかには、腕に銃弾を受けた跡が残っている方がいて。その銃弾の跡を見せて「母国で迫害を受けてきたんです」って言っても、「いや、あなたは難民として認めない」っていう。この傷が何よりの証拠だろ! って言っても認めない。

ラサール:だって、申請をしても0.4パーセント、つまり99パーセント以上が認められてないんだよね。

せやろがい:1万人が難民の申請をしにきたけれど、44人しか難民として認定されてない。

ラサール:それってもう、難民の制度がないのと一緒よね。

せやろがい:そうですね。弁護士の方の言葉を借りると「難民認定制度」じゃなくて「難民不認定制度」だと。

ラサール:(笑)。

せやろがい:つまり、難民を認定しないための制度になってるよってことです。それで、僕が一番気になるなのが、こんな状況だけど、日本は難民保護条約に批准している。「俺たちは難民を助ける、人権感覚の優れた国ですよ」と国際的にアピールしているけれども、実は申請した人たちの0.4パーセントしか助けていないのは、おおいなる欺瞞だなと思いますね。

当時の記事を読む

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ラジオ」に関する記事

「ラジオ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ラジオ」の記事

次に読みたい「ラジオ」の記事をもっと見る

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク