「夜に口笛を吹いては、いけない」その迷信、ホント?

「夜に口笛を吹いては、いけない」その迷信、ホント?
       
皆さんは迷信を信じますか? 私たちが知っている迷信の多くは、江戸時代に生まれたもの。たとえば「夜中に爪を切ると親の死に目に会えない」なんて言いますが、これは、昔は夜は真っ暗だったので、そんな中で爪を切ると危ないという意味でこう伝えられました。迷信には教訓が隠れています。今回は、口笛にまつわる迷信のお話です。

「夜に口笛を吹いては、いけない」その迷信、ホント?の画像はこちら >>

「夜に口笛を吹いては、いけない」その迷信、ホント?



浮かれているときに、ついつい出てしまう「口笛」。
なんだか楽しげな雰囲気を演出するもののイメージですが、小さな頃、「夜に吹いてはダメ」と大人から注意されませんでしたか?
なぜ夜に吹いてはダメなのかを聞くと、「蛇が来るから」と言われた方もいるのではないでしょうか。

「夜に口笛を吹くと蛇が来る」。
皆が寝静まる時間に口笛を吹くと迷惑なので、子どもに言い聞かせるためのおどし文句。
もちろん、そう思いますよね。
この言葉は江戸時代から言われているものですが、この「蛇(へび)」とは何なのでしょうか。

いくつかの説があります。
ひとつは「夜鷹(よたか)説」。
夜鷹とは、夜中に道で待ち伏せしている流しの遊女のこと。
この遊女を呼ぶ合図が、「夜に吹く口笛」でした。
子どもがふざけて口笛を吹いて夜鷹が現れては困ります。
それで、「夜に口笛を吹いてはいけない」と言い聞かせたという説です。

もうひとつは「泥棒説」。
夜に行動する泥棒団が、お互いの位置を確認するために口笛を使ったのだそう。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月7日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。