「ぜひ使ってほしい」老舗手ぬぐい職人の手作業へのこだわりとは…?

吉田美穂がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DUNLOP presents みらい図鑑」。日本の美しい風景、地域で受け継がれる伝統、志を持って活動する人など、100年後の地球に生きる子どもたちへ繋げていきたい“ヒト・モノ・コト”を紹介しています。8月17日(土)の放送では、東京・日本橋にある手ぬぐい・ゆかたの梨園染「戸田屋商店」の風間勝己さんにお話を伺いました。

「ぜひ使ってほしい」老舗手ぬぐい職人の手作業へのこだわりとは…?

深い味わいをまとう「手ぬぐい」



持ち歩きやすく、水に濡れても乾きやすい。おでかけのお供として、何かと重宝するアイテムといえば、「手ぬぐい」です。

創業1872年の老舗「戸田屋商店」では、木綿の“糸”そのものを手作業で染めていく「注染(ちゅうせん)」という昔ながらの技術で、手ぬぐいを作っています。

注染の手ぬぐいは、両面が表です。機械を使って模様をプリントした手ぬぐいの場合、色が乗るのは片面だけですが、注染は表面も裏面も同じように染められているのが特徴です。

プリントと違って染料を注ぐので、糸まで色が入る伝統工芸「注染」。にじみやぼかしを自由に生み出しながら、深い味わいをまとった「手ぬぐい」ができあがります。

「ぜひ使ってほしい」老舗手ぬぐい職人の手作業へのこだわりとは…?

手作業、天日干しならではの風合い



風間さんは、「手前どもでやっている本染めの場合は、職人さんが糊付けをして、やかんでひとつずつ色を刺していくわけですね。それから水洗いをして、天日で干していくので、機械はほとんど使っていないんですよ。職人さんが手作業でやっているので効率はものすごく悪いんですが、そのぶんいいものができるんですよね」と自信をのぞかせます。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2019年8月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。