「egg」新編集長が語る!“令和ギャル”に学ぶこれからの女性像

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。5月30日(木)の生放送は、ギャルカルチャーをけん引してきた伝説の雑誌「egg」の新編集長・赤荻瞳さんが登場。令和時代に求められるギャルのエッセンスを聞きました。

「egg」新編集長が語る!“令和ギャル”に学ぶこれからの女性像


「egg」は過去に2度休刊しながらも、令和初日となる5月1日(水・祝)に、5年ぶりの復活を遂げました。人気のあまり、完売店も出たとか。現在22歳の赤荻さんは、「運が良かった。渋谷でギャルサーをしていたツテで編集長になりました」と、今までの経緯を語ります。
自身も月刊誌の頃からのファンだったそうで、「ギャルのパワーで雑誌業界を盛り上げていきたい。全国のギャル情報を世の中に広げていけたら」と意気込みを語りました。

◆令和ギャル“3ヵ条”

令和に求められるギャルの神髄。
1つ目は、「個性と自由を追求するギャル」です。知名度が上がるほど、SNSで批判の対象になりがちですが、“令和ギャル”は「自分のやりたいことを大事に、自分を貫く」とのこと。

2つ目は、「常識にとらわれない考え方・行動ができるギャル」。赤荻さんの知人には、ルーズソックスを自分でピンクに染めるギャルもいるとか。欲しいものが世の中になければ作ってしまう。そんな気概が令和的だそうです。

3つ目は「SNSでうまく自分をブランディングするギャル」。SNSで自分の世界観を表現したり、YouTubeやライブ配信で見事なトークを展開したり……。「かわいい、きれい」だけではカリスマになれない時代が来ています。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2019年5月30日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。