ヒゲダン、西野カナ、宇多田…人気音楽プロデューサーが選ぶ“秋に聴きたい胸キュンラブソング”

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。10月10日(木)の生放送は、数々のヒット曲を手がける作曲家で音楽プロデューサーのCarlos K.(カルロス・ケー)さんが登場。秋に聴くとキュンとするラブソングを選曲してもらいました。

ヒゲダン、西野カナ、宇多田…人気音楽プロデューサーが選ぶ“秋に聴きたい胸キュンラブソング”


カルロスさんと言えば、西野カナさん、加藤ミリヤさん、V6、中島美嘉さん、AKB48、乃木坂46など、手がけたヒット曲は数知れず。そんな“楽曲のプロ”が選ぶ、心震える秋の曲とは?

◆Official髭男dism「Pretender」
オリコン週間ストリーミングランキング20週連続1位獲得で、歴代1位タイ。多くの人から支持を集める同曲を「作曲家の目線で見るとよりすごい。まず、歌詞が韻を踏んでいて聴いていて心地いい。Aメロ、Bメロ、サビで情景がどんどん変わる。しかもBメロの歌詞『もっと違う設定で』の部分で、音もガラッと変わる。本当に完璧な楽曲」と絶賛しました。

◆Flower「秋風のアンサー」
自身が手がけた同曲については「ピアノの高音で落ち葉が舞うような音を入れたり、秋の肌寒さのなかで恋愛の温もりを感じられるようなギターを入れたり。僕なりに考えて詰め込んだ恋愛ソングです」と話します。

◆西野カナ「もしも運命の人がいるのなら」
たかみなは「運命の人を待つ曲ですけど、すごくキラキラしている魔法がかかった感じ」と絶賛。カルロスさんは「全体的にキュンキュンさせる曲ですが、印象的なのはみんながカラオケで一番歌いづらいDメロの部分。とても好きです。こんな素敵な場所に住みたいと思わせる世界観」とうなずきました。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2019年10月10日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。