付録もワクワク! 日本一長寿の科学雑誌「子供の科学」

昔と比べて雑誌や本が売れないと言われていますが、最近は付録を目当てに雑誌を買う人が増えているそう。付録といえば、子どもの頃、科学雑誌の付録を楽しみにしていた人も多いのではないでしょうか。望遠鏡とか、あぶり出しセットとか、電気の実験セット……。想像しただけでワクワクしていました。今回は、雑誌「子供の科学」のお話です。

付録もワクワク! 日本一長寿の科学雑誌「子供の科学」

付録もワクワク! 日本一長寿の科学雑誌「子供の科学」



小さな頃、どんな雑誌を読んでいましたか?
子ども用の雑誌はカラフルで付録も多く、ワクワクしながら開いた思い出がありますよね。
子ども用雑誌で最も古く、さらに現在まで続いているものと言えば「子供の科学」ではないでしょうか。

「子供の科学」、通称「KoKa(子科)」が創刊されたのは、関東大震災の翌年。
大正13年のことでした。
創刊者は、科学解説者の原田三夫。
執筆していたのは、当時第一線で活躍している科学者たちでした。

大きな地震により大打撃を受けた東京が復興を目指して頑張っている、そんな最中に生まれた「子供の科学」。
創刊号の中身は、秋の七草の紹介や、自動車はどうして走るかの解説、月の満ち欠けのしくみ、雲の種類、レオナルド・ダ・ヴィンチについてなど、それはそれは盛りだくさん。
文字も小さめで、大人が読んでも難しいのでは、という文章。
子どもへの対応が現代とは少し違うことを感じます。

巻末には、折込図面が掲載されていて、工作少年たちの心をくすぐりました。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2017年2月6日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。