実は“これから”が美味しい! 園芸家が教える「家庭でのトマト栽培」

さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介するTOKYO FMの番組「ピートのふしぎなガレージ」。8月10日(土)放送のテーマは「トマト」。今回は、園芸家の深町貴子さんに「家庭でのトマト栽培」について教えていただきました。
(TOKYO FM「ピートのふしぎなガレージ」2019年8月10日(土)放送より)

実は“これから”が美味しい!  園芸家が教える「家庭でのトマト栽培」

色とりどりのミニトマト



── 家庭菜園でトマトを育てるにはどうしたら?

特別なことは何もありません。トマトの種、もしくは苗があって、あとは育てる愛情があれば何とかなります。1つだけ特別なものがあるとすれば、太陽の光ですね。お日さまさえあれば大丈夫です。ベランダのプランターでも、ミニトマト、マイクロミニトマト、中玉トマト、大玉トマト等々、何でも育てられます。

一般的には今がトマトの収穫期ですが、実はこれから苗を植えると、とても美味しいトマトを育てることができます。秋トマトとも言われますが、実はトマトは生まれ故郷がアンデスの高原地帯なので、太陽の光は好きでも暑さが苦手で、涼しいところが好きなんです。

── トマトは夏というイメージだったのでかなり意外です

春から育てたトマトが、この時期に突然、花が咲かなくなったり、花がポロポロと落ちたりすることがあります。その原因は気温が高すぎるから。適温が25℃くらいで、30℃を超えると花粉が生きていないので、実がならないんです。でも今、苗を植え付ければ、花が咲くのは9月頃。お盆を過ぎれば日中は暑くても夜には気温が下がるので、トマトの実がちゃんとなります。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2019年8月17日のライフスタイル記事
「実は“これから”が美味しい! 園芸家が教える「家庭でのトマト栽培」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    日本は冬があるので終わりますが、そもそもトマトは多年草だそう

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。