声優・森久保祥太郎 世代別の声を出すコツは…「口角を下げると5、60代に。口角を上げると若者に」

       
アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。7月27日(月)の放送は、声優・森久保祥太郎さんがゲストに登場。これまでのキャリアや、キャラクターに声をあてる際に意識していることについて語ってくれました。

声優・森久保祥太郎 世代別の声を出すコツは…「口角を下げると5、60代に。口角を上げると若者に」

(左から)森久保祥太郎さん、坂本美雨



坂本:はじめましてのお客様です。人気声優、そしてミュージシャンでいらっしゃる森久保祥太郎さんです。

森久保:はじめまして。よろしくお願いします。

坂本:森久保さんは声優さんとして、長いキャリアをお持ちですね。

森久保:20年は越えて、なんとかやらせていただいています。

坂本:ラジオのキャリアもとても長いとお聞きしました。

森久保:そうですね。千葉のFMラジオ局でやっています。番組は途中で変わりましたが、来年で丸20年になります。

坂本:先輩(笑)!

森久保:声優もラジオパーソナリティも、もともとは目指していた職業ではないんですけどね。いろんなご縁があって、続いております。

坂本:ミュージシャンとしても活躍されていらっしゃいます。今ではこうした活動をされている方って増えていると思うのですが、そういった方々の先駆けだったのではないでしょうか。

森久保:当初はけっこう珍しがられましたね。「なんで声優がバンドをやっているの?」みたいなことを言われました。

坂本:活動に対して抵抗はありましたか?

森久保:ありまくりでした。

坂本:(笑)。

森久保:もともと僕は、劇団とバンドを10代の頃からやっていて、将来は役者で食べていきたいなと思っていたんです。バンドは趣味でやっていこうと思っていたら縁があって、バンドでもデビューさせていただいたんですね。当時は声優って“裏方”のイメージがあったのかな? 珍しい若手声優扱いを受けましたね。声優が歌ってCDを出す土壌がなかったので、(活動するのは)早すぎたかなと思っています(笑)。
TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月4日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。