1等の当せん確率は「3億257万5,350分の1」…海外の宝くじ事情は!?

さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介するTOKYO FMの番組「ピートのふしぎなガレージ」。12月7日(土)放送のテーマは「宝くじ」。総合情報サイト「All About」の石川修さんに「海外の宝くじ事情」について伺いました。
(TOKYO FM「ピートのふしぎなガレージ」2019年12月7日(土)放送より)
1等の当せん確率は「3億257万5,350分の1」…海外の宝くじ事情は!?

※写真はイメージです



── 海外だとすごい当せん金の話を聞きますが

スケールの大きさで言えばアメリカ。日本円に換算して1,700億円なんてケタ違いの当せん金が過去にありました。これは「キャリーオーバー」と言って、1等の当せんがないときは繰り越されていく仕組みが青天井で、当たりが出るまで積み重なっていくシステムだからです。

そのタイプの宝くじは「ロト」と呼ばれる数字選択式です。いくつかの数字の中から何個か数字を選び、それが当たるかどうかというくじで、1口1ドルくらいからあります。日本円で100円くらいですから気軽に買えますし、窓口で買うやり方も日本とあまり変わりません。

アメリカ以外でも、ユーロ圏全体でやっている宝くじもありますし、イタリア、フランスなどの各国でやっている宝くじもあります。アジアだと中国、韓国、台湾などでもやっています。どこも宝くじは「夢」なので、1等の当せん金は高額で、何百億円というくじも珍しくありません。

── そういう宝くじの当せんの確率ってどれくらいなんですか?

アメリカで有名な「メガミリオンズ」という大きなロトだと、ジャックポット(1等)の確率が3億257万5,350分の1。システムとしては、まず70個の数字から5個を選び、さらにメガボールという枠の25個の数字から1つを選びます。合計6個の数字が全て当たればジャックポットです。このメガミリオンズで、2018年10月に15億ドルという当せん金が出ました。それが約1,700億円です。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月15日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。