歌手・クミコが考える松本隆の歌詞が心に残る理由

“ライブ音楽とビールが生み出すゆたかなひととき”をテーマに、あなたのすぐそばで素敵なアーティストたちが生ライブで生きた音楽を届けるTOKYO FMの番組「KIRIN BEER“Good Luck”LIVE」。11月4日(土)の放送には、クミコさんが登場しました。

歌手・クミコが考える松本隆の歌詞が心に残る理由

歌手のクミコさん



クミコさんは、1982年にシャンソン歌手としてプロ活動をスタート。現在はシャンソンというジャンルを超え、さまざまな歌を多くの人に届けています。ライブ前のトークで、「(歌うときは)“言葉”をお伝えできるようにがんばりたいと思っています。歌詞って、受け取る側によって(伝わり方が)いくつにも分かれていくものだから」と、歌うときに大事にしていることについて話してくれました。
また、「自身にとって、歌とは?」との質問には「仕事ですね。命とか生きがいとかいいたいんですけど。今となってはこれ以外にできない、一生の仕事です」と答えていました。

9月に発売したアルバム『デラシネ deracine』は、先日「紫綬褒章」を受章した松本隆さんが全曲の作詞を、編曲を冨田恵一さんが担当。そのほかにも、多くのアーティストが作曲陣として参加しています。松本さんの作詞については「謎だな、といつも思います。(言葉の世界が)奥深くて」とクミコさん。

ライブは2曲のラブソングから幕を開け、代表曲「わが麗しき恋物語」のあとは『デラシネ』より「さみしいときは恋歌を歌って」を披露。この曲を作曲した秦 基博さんの印象をクミコさんは「クマさんのようにスベスベしたかわいい人。いけない、いけないと思いながら触りたくなってしまう」とおどけ、笑いを誘いました。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2017年11月7日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら