アウトドアブームで予約注文が殺到! 日本で唯一「ハリケーンランプ」を作り続ける老舗メーカー「WINGED WHEEL」、国内最後の職人の思い

アウトドアブームで予約注文が殺到! 日本で唯一「ハリケーンランプ」を作り続ける老舗メーカー「WINGED WHEEL」、国内最後の職人の思い
拡大する(全5枚)
吉田美穂がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DUNLOP presents みらい図鑑」。日本の美しい風景、地域で受け継がれる伝統、志を持って活動する人など、100年後の地球に生きる子どもたちへ繋げていきたい“ヒト・モノ・コト”を紹介しています。4月24日(土)の放送では、ハリケーンランプ職人の別所由加さんに、「ハリケーンランプ」についてお話を伺いました。

アウトドアブームで予約注文が殺到! 日本で唯一「ハリケーンラ...の画像はこちら >>

「WINGED WHEEL」の「ハリケーンランプ」



嵐のなかでも消えない炎。そんな理由から名付けられたオイルランプが「ハリケーンランプ」です。

リキッドキャンドルオイルをランプに注ぎ、一度火を灯すと、6~7時間消えることなく安定して燃え続けます。

そんな「ハリケーンランプ」を作っている日本で唯一の会社が、大阪府八尾市にある、1924(大正13)年創業の老舗ランプメーカー「WINGED WHEEL(ウィングドウィール)」。

昔ながらの製法にこだわって、プレス機を操り、ブリキの一枚板からすべてのパーツを作って、ランプを組み立てていきます。

アウトドアブームで予約注文が殺到! 日本で唯一「ハリケーンランプ」を作り続ける老舗メーカー「WINGED WHEEL」、国内最後の職人の思い

昔ながらのこだわりの製法



作業工程は、およそ300。そのすべてを1人で仕上げているのが、国内最後と言われるハリケーンランプ職人の別所さんです。

「やっぱり職人の仕事っていうのは、理屈だけじゃなくて、金型であったり機械であったり、そういったものと一心同体になることなんです。わたしはいつも“仲良くなる”と表現しているのですが、一緒に頑張るという気持ちを持っていないと、機械も(こちらが)考えているようには動いてくれません」

この記事の画像

「アウトドアブームで予約注文が殺到! 日本で唯一「ハリケーンランプ」を作り続ける老舗メーカー「WINGED WHEEL」、国内最後の職人の思い」の画像1 「アウトドアブームで予約注文が殺到! 日本で唯一「ハリケーンランプ」を作り続ける老舗メーカー「WINGED WHEEL」、国内最後の職人の思い」の画像2 「アウトドアブームで予約注文が殺到! 日本で唯一「ハリケーンランプ」を作り続ける老舗メーカー「WINGED WHEEL」、国内最後の職人の思い」の画像3 「アウトドアブームで予約注文が殺到! 日本で唯一「ハリケーンランプ」を作り続ける老舗メーカー「WINGED WHEEL」、国内最後の職人の思い」の画像4
「アウトドアブームで予約注文が殺到! 日本で唯一「ハリケーンランプ」を作り続ける老舗メーカー「WINGED WHEEL」、国内最後の職人の思い」の画像5

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「アウトドア」に関する記事

「アウトドア」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「アウトドア」の記事

次に読みたい「アウトドア」の記事をもっと見る

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月1日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。