原田マハ「フィクションと史実」を曖昧にする理由、「アート小説」を書く上で気を付けていることは?
拡大する(全2枚)
住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。5月31日(月)放送のコーナー「Blue Ocean Professional supported by あきゅらいず」のゲストは、作家・原田マハさん。ミステリー小説「リボルバー」(幻冬舎)を5月26日(水)に発売した原田さんが自身のキャリアを振り返り、小説の執筆スタイルについて語ってくれました。
原田マハ「フィクションと史実」を曖昧にする理由、「アート小説...の画像はこちら >>

(左から)原田マハさん、住吉美紀



「頑張るプロフェッショナルの女性の素顔に迫る」をテーマに、各界で活躍されている素敵な女性をゲストに迎えて話を伺うコーナー「Blue Ocean Professional supported by あきゅらいず」。今回のゲストは、作家の原田マハさんです。

原田さんは馬里邑美術館、伊藤忠商事株式会社、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館勤務を経て、2002年からフリーのキュレーターとして活躍。2005年には、「第1回 日本ラブストーリー大賞」で大賞を受賞し、作家デビューを果たします。2012年に発売した「楽園のカンヴァス」(新潮社)は、「第25回 山本周五郎賞」をはじめとする数々の賞を受賞し、多くの人々の注目を集めました。
原田マハ「フィクションと史実」を曖昧にする理由、「アート小説」を書く上で気を付けていることは?

原田マハさん/photo by 藤井保



◆漫画家を目指していた時期もあった!?

住吉:(画家や絵画をモチーフにした)「アート小説」というカテゴリでも知られている原田さん。そもそもアートの世界に興味を持たれたきっかけは?

この記事の画像

「原田マハ「フィクションと史実」を曖昧にする理由、「アート小説」を書く上で気を付けていることは?」の画像1 「原田マハ「フィクションと史実」を曖昧にする理由、「アート小説」を書く上で気を付けていることは?」の画像2