R-指定「俺、ラップやりたいから部活やめるわ」泣きながら退部し、ラッパーを志した当時を振り返る

R-指定「俺、ラップやりたいから部活やめるわ」泣きながら退部し、ラッパーを志した当時を振り返る
       
木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。11月のゲストには、R-指定さんとDJ 松永さんからなるHIP HOPユニット・Creepy Nutsが登場。11月8日(日)の放送では、R-指定さんがバスケットボールからラップへと傾倒していった自身の学生時代を打ち明けてくれました。
R-指定「俺、ラップやりたいから部活やめるわ」泣きながら退...の画像はこちら >>


◆初めて自分に自信が持てるものができた
小学4年生から高校1年生までサッカー少年だったDJ 松永さんと同様に、「僕も小学4年生から高校2年生の頭ぐらいまでバスケットボールをやっていたんですよ」とR-指定さん。一生懸命に練習したものの、レギュラーにはなれず試合に出る機会もほとんどなかったそう。

中学のときには「自分では認めていなかったけど、“もしかしたら俺、運動苦手かも!?”って。でも、学生時代の“運動苦手”ってすごいコンプレックスやから、なにか“それ以外のことを”と思っていたんですけどなかなかなくて……(小学生のときに一緒に始めた)友達もおるからと一緒に(バスケ部に)入って」と話します。

とはいえ、そのときすでにベンチウォーマーだったため「応援歌をつくることに尽力していた」とR-指定さん。本人いわく、ヒット曲を替え歌にして相手チームのことを煽ったり、チームを鼓舞するような替え歌をつくったりするなかで、「当時からラップを聴いていたので、韻を踏むなどのテクニックを応用してやっていた」と言います。

当時の記事を読む

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月14日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。