“炎上”に“身バレ”…新社会人も知らないとヤバイ「SNSの使い方」

中西哲生がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。4月4日(水)放送の「追跡」のコーナーでは、ITジャーナリストの三上洋さんに新生活・新社会人に向けたSNS利用の注意点を伺いました。

“炎上”に“身バレ”…新社会人も知らないとヤバイ「SNSの使い方」


MMD研究所が今年3月に実施した調査結果によると、高校生の約52%、大学生の約44%がTwitterを実名で利用しているそうです。「スマートフォンがネイティブの高校生は、顔出し、実名、(通っている)高校、クラブ活動などを出すのが当たり前の状況なんです」と三上さん。そのため、いざ社会人になったと同時に匿名に切り替えるのはかなり難しいと言います。

「個人情報を守ることと、自分が社会人になって企業の人になるんだという(意識の)切り替えはしなければならない」と三上さんは忠告します。これには中西も、「(社会人になると)企業という1つのチームに属するわけで、自分の投稿がそのチームの価値を上げ下げする可能性もある」と同意。
Twitter上では“個人の見解であり、会社の立場としての公的な発言ではありません”などと前置きして書き込みする人もいるようですが、三上さん曰く、いざ(投稿が)炎上すると「○○社の人間がこんなことを言っている」と拡散されてしまうそう。SNSを実名でやる場合は、かなり責任のある立場であるということを自覚し、「渋谷のスクランブル交差点で肩書き付きで大声で喋っているぐらいのつもりで発言(投稿)したほうがいい」と三上さんは警鐘を鳴らします。...続きを読む

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2018年4月6日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。