アジカン、キャロル・キング…「メロディーを聴くだけで切なくなる曲」は?

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみのこれから、何する?」。8月28日(火)の放送には、ドラマーで音楽クリエイターのmabanuaさんに「メロディーを聴くだけで切なくなる曲」を教えてもらいました。

アジカン、キャロル・キング…「メロディーを聴くだけで切なくなる曲」は?


米津玄師さんやくるり、森山直太朗さんなど数多くのアーティストのプロデュースを手がけるmabanuaさん。とても不思議な名前が気になるたかみなが、その由来を尋ねてみると、「よく聞かれるんですけど……本名の“まなぶ”のアルファベットを並び変えただけなんです」と明かしてくれました。

そんなmabanuaさんがこの夏ヘビロテしていたのは、自身がプロデュースした藤原さくらさんの「Sunny Day」。そして、夏の終わりに必ず聴きたくなるのが、くるりの「ばらの花」だそうです。この曲は中高生時代に文化祭で演奏していたそうで、聴くと夏休みに練習していたことを思い出すそうです。

mabanuaさんが選ぶ「メロディーを聴くだけで切なくなる曲」、1曲目はシンディ・ローパーさんの「Time After Time」です。「メロディーを聴くだけで切なくなる曲の代名詞」と太鼓判を押すこの曲は、「ポジティブなことを歌っているわけでなく、暗い曲でもない。どっちにもとれるのが魅力的」だとか。さらには、「日本人が惹かれるメロディー」だとも。

mabanuaさんによると、日本人が惹かれるメロディーはAメロ、Bメロ、サビがはっきりしていて、繰り返されるもの。この「Time After Time」のサビも繰り返しになっていますが、最近のアーティストで言えば、中田ヤスタカさんの作品がそうだと言います。「同じものが繰り返されると快感に変わってくる。それがメロディーにも言えるんじゃないかな」と話していました。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2018年8月28日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら