「もう、エロしかない」… 「ぼのぼの」作者・いがらしみきお、新作はエロ漫画!?

放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し、勝手に企画を提案していくTOKYO FMの番組「空想メディア」。6月16日(日)の放送には、前週に続き、漫画家・いがらしみきおさんが登場しました。

「もう、エロしかない」… 「ぼのぼの」作者・いがらしみきお、新作はエロ漫画!?

高須光聖、いがらしみきおさん



前回、漫画家になるまでの経緯について語ったいがらしさん。今回は、「ぼのぼの」誕生秘話、そして死生観について話しました。

+++

◆「ぼのぼの」は子どもの相談室

高須:「ぼのぼの」はどういう形で生まれたんですか。

いがらし:まずキャラクターありきでした。確か、第一次ラッコブームみたいなものがあって、テレビで観て「これは可愛いな」と。マリンピア松島水族館(2015年閉館)で生のラッコを見ても「やはりこれは可愛い」と。泳ぎが下手で、貝殻を下に落として、潜って拾いに行って……要するに不器用なんですね。その感じが「ぼのぼの」に通じている。インスピレーションを受けて、落書きみたいに描いていたら、担当編集者が「このラッコを主人公にした漫画を読んでみたい」と。

高須:タイトルはどうやって?

いがらし:ほのぼの漫画を描こうと思って。当時もそういう漫画があったけれど、「ほのぼのしたものを描けているけど、読んでいるほうがそんなにほのぼのしないな」と思いました。ですから、すけべ心というかな。「読んでいる人がほのぼのするものを描けるはずだ」と。濁点がひとつ増えたのは、私がほのぼの漫画を描くとたぶん、濁点が増える……そういう漫画になるんじゃないかと思って。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月23日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。