修行を止めると切腹!? 1300年に2人の達成者しかいない「千日回峰行」

修行を止めると切腹!? 1300年に2人の達成者しかいない「千日回峰行」
拡大する(全1枚)
日本が世界に誇る各界の“知のフロントランナー”を講師に迎え、未来の日本人に向けてアカデミックな授業をお届けするTOKYO FMの番組「未来授業」。10月2日(月)の授業講師には、宮城県・慈眼寺の住職、塩沼亮潤大阿闍梨(しおぬまりょうじゅんだいあじゃり)さんが登場!

修行を止めると切腹!? 1300年に2人の達成者しかいない「千日...の画像はこちら >>

※写真はイメージです。



過去1,300年の間に1人の達成者しかいなかった修行“千日回峰行”(せんにちかいほうぎょう)をやり遂げた、2人目の人物・塩沼亮潤大阿闍梨さんに、「歩きながら自分を見つめ直す方法、歩行禅」についてお話を伺い、4回にわたりオンエアしました。

未来授業1時間目のテーマは「大阿闍梨と千日回峰行」。
“千日回峰行”とは、奈良県吉野山にある金峯山寺蔵王堂から24㎞先にある山上ヶ岳(標高1,719m)頂上にある大峯山寺本堂まで、標高差1,355mの山道を往復48㎞、1,000日間歩き続ける修行です。そして、“大阿闍梨”とは、その修行をやり遂げた者に与えられる称号のこと。「僕は小学校のとき、この修行を(テレビで)観て、ふと“やりたい”と思ったんです。その思いが高じて高校卒業とともに、長野の金峯山寺に出家しました。“千日回峰行”は、雨が降ろうと、風や嵐が吹こうと、止めることはできない厳しい修行でした」と塩沼さん。

修行中には、生きるか死ぬかの瀬戸際もあったそうで、なかでも一番つらかったのは、490日目くらいだったとか。高熱と腹痛で、薬を飲んでも治らない。495日目にはついに力尽き、塩沼さんは倒れ込んだそう。

当時の記事を読む

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年11月6日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。