あの「白洲次郎」が、愛車を手放した理由とは?

日本人でクルマ好きな偉人、というとやっぱりこの人、白洲次郎ではないでしょうか。日本一の伊達男とも言われた彼は、ルイ・ヴィトンのスーツケースを愛用し、ヘンリープールのスーツを着、ジェームスロックの帽子をかぶるダンディズム。そんな白洲次郎が愛したクルマはなんだったのでしょうか。

あの「白洲次郎」が、愛車を手放した理由とは?

あの「白洲次郎」が、愛車を手放した理由とは?



皆さんは「白洲次郎」と聞いたとき、どんなイメージがありますか?
白州商店の御曹司で、イギリス・ケンブリッジ大学を卒業し、180cmの長身。
日本人離れした甘いマスクで、あのマッカーサーを相手にしても一歩も引かない男気もある……。
「従順ならざる唯一の日本人」と言われ、今でも多くの男性の憧れの人物となっています。

そんな白洲次郎が愛したもののひとつが「クルマ」。
彼は生涯、いろいろなクルマに乗りました。
神戸にいた頃にはアメリカの高級車「ペイジ・グレンブルック」。
イギリス留学時には「ベントレー」や「ブガッティ」。
こうしたクルマをサーキットに持ち込み、休日にはレース三昧。
友人たちには「オイリー・ボーイ」と呼ばれるほど、クルマを愛していました。

そんな彼が晩年に選んだクルマが「ポルシェ911」。
70歳を過ぎてからもポルシェを乗りまわし、ゴルフ場などに現れては注目を集めていました。
まさに愛車だったこの911ですが、白洲次郎は途中で、このクルマをある会社に寄贈してしまっているのです。
その寄贈先は、トヨタ。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2016年7月14日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。