「日本一の母親にしたい」アメフト西村豪哲選手、プレーを支える思いを語る

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。11月2日(土)の放送は、前回に引き続き、アメリカンフットボール・富士通フロンティアーズの西村豪哲(ひでてつ)選手が登場しました。

「日本一の母親にしたい」アメフト西村豪哲選手、プレーを支える思いを語る

西村豪哲選手(右)とパーソナリティの丸山茂樹



◆三連覇の金字塔!

丸山:現在所属しているチーム、富士通フロンティアーズの歴史はどうなんですか?

西村:1985年に創部されたんですけど、初めて優勝したのは2014年ですね。それまでは決勝に何度か進出したんですけど、毎回負けて決勝の壁をずっと破れなかったんです。それが、2014年に初優勝したことによって、2016年、2017年、2018年と勝たせていただいて。

丸山:2018年は、リーグ戦全勝。これはすごいよね!

西村:やっている本人としては、もちろん試合に勝つことはうれしいことですけど、一戦一戦必死なので意識したことはなかったです。

丸山:加えて、「JAPAN X BOWL」と「ライスボウル」共に3連覇と。今は敵なしということ?

西村:どの試合も均衡しているので、そこは絶対的に気が抜けないですね。

丸山:社会人と学生ではレベルは全然違うものなの?

西村:昔は、「ライスボウル」で学生が勝つ試合もあったんですけど、今は社会人チームがずっと勝っていて。やはり個人技や能力とかは蓄積なので社会人のほうがレベルは高いです。逆に学生チームは組織力で戦ってくる感じです。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月8日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。