実はラジオ好きの玉川徹、ラジオパーソナリティに意欲!?

実はラジオ好きの玉川徹、ラジオパーソナリティに意欲!?
拡大する(全1枚)
乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。10月18日(月)の放送は、テレビ朝日の玉川徹さんをゲストに迎え、お届けしました。

実はラジオ好きの玉川徹、ラジオパーソナリティに意欲!?の画像はこちら >>

(左から)パーソナリティの山崎怜奈、玉川徹さん



玉川さんは1989年にテレビ朝日に入社し、ディレクターに。そして、番組でリポーターを担当したことをきっかけに、現在は朝の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」のコメンテーターとして大活躍。この日も番組終了後にダレハナに駆けつけてくれました。

コメンテーターと言うと、さまざまな意見を求められるうえに、コメント次第では炎上する怖さもありますが、玉川さんは「僕は今でも自分はディレクターだと思っているし、ずっと情報番組や報道番組を作ってきたので、何が“地雷”かをよく知っている」と話します。

テレビには、言ったら謝罪しなければならないような地雷があちこちに埋まっており、それを踏まないようにするためには、ありきたりの発言に終始せざるを得ないものの、「僕はなにが地雷か知っているから、地雷のギリギリが通れる」と語ります。

とはいえ、生放送となると失敗することもあるようで、「毎日のように(「羽鳥慎一モーニングショー」でのコメントが)ネットニュースになって、そのなかには一部が切り取られ、意図が違うものもあれば、失敗したと思ったところがそのままネットニュースになることも」と玉川さん。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ラジオ」に関する記事

「ラジオ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ラジオ」の記事

次に読みたい「ラジオ」の記事をもっと見る

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク