「LOVE 2000」は別の歌詞だった!? hitomi、歌詞のこだわりを語る

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。7月2日(火)の生放送は、歌手のhitomiさんが登場。「90%が実体験」という歌詞のこだわりについて聞きました。

「LOVE 2000」は別の歌詞だった!? hitomi、歌詞のこだわりを語る


hitomiさんは、1994年にシングル「Let's Play Winter」でデビュー。サードシングル「CANDY GIRL」はオリコンチャート初のTOP15入りを果たし、39万枚を売り上げるスマッシュヒットを記録しました。デビュー当時からほとんどの曲の作詞を手がけていることでも知られています。

歌詞の世界観や物語は、実体験が元になっているんだとか。女性的な心情が“こっ恥ずかしい”との理由から、「あなた」ではなく「キミ」を、「わたし」ではなく「ボク」と表現。たくさんの人たちに共通する思いを歌詞に託しています。そんなhitomiさんに、特にリアルだと感じる自身の3曲をあげてもらいました。

◆「IS IT YOU?」(2001年発売)
ドラマ「できちゃった結婚」(フジテレビ系)の主題歌。
当時は「デキ婚」に偏見が強かった時代で、突然の授かりに疑問を感じる人も多いはずと考え、「デキ婚のほうが、より強い絆が生まれる可能性もある」という思いを曲にのせたそう。未来に希望を感じさせる内容に仕上がっています。

◆「キミにKISS」(2000年発売)
タイトルから、恋の歌を連想しますが、実はhitomiさんが自身に向けて書いた曲です。「キミ」とは「自分」のこと。孤独で人生の向かう先を見失ったなか、自分を鼓舞する曲を作りたかったと言います。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2019年7月2日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら