オカルト研究家が教える、東京随一の怪奇&パワースポットとは?

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Blue Ocean」。8月7日(火)の放送では、「ちょっと聞いてよ怖い話2018」をテーマに、リスナーからメッセージを募集。オカルト研究家の吉田悠軌さんをゲストに迎え、東京のオススメ怪奇&パワースポットも紹介してもらいました。

オカルト研究家が教える、東京随一の怪奇&パワースポットとは?

※写真はイメージです



この日のゲスト・吉田悠軌さんは、「一行怪談」 (PHP研究所) の執筆も手がける、オカルト研究家で怪談サークル「とうもろこしの会」会長。人から聞いた怖い体験談や怪奇スポット&パワースポットの収集をライフワークにしています。そんな吉田さんが、東京でぜひ訪れてみてほしい霊的スポットが、“静嘉堂文庫の丘”です。東京都世田谷区、多摩川の近くにある静嘉堂文庫は、三菱財閥の創始者である岩崎彌太郎(弥太郎)の息子・彌之助(弥之助)が、収集していた東洋美術の文献を納めるために作りました。

「もともとここは、岩崎家の霊廟、納骨堂の場所。なので、岩崎家が選んだ最高のパワースポットで、行ってみるととてもいい。その近くにあった祟りの多い木と社が、高度経済成長で道路を作ったときに、静嘉堂文庫の丘に移されたという経緯もあります。あまり知られていませんが、都内で随一といっていいスポットです」と吉田さん。

そして番組では、リスナーから募集した「ちょっと聞いてよ怖い話2018」も紹介されました。

◆勝手にロックされるドア
「私がまだ小学生の頃の話。家に2階まで続く階段があるのですが、私はその階段が怖くて、毎度駆け下りては階段のドアを勢いよく閉めていました。勢いよく閉めるので、毎回、ちゃんとドアが閉まらないんですが、なぜか(その後)勝手にスーッと閉まるんです。しかもちゃんと、ドアのロックまでカチャリとかかってくれる。これが小学校卒業まで続きました。親切なのか怖いのか分からない現象だと思いました」(18歳・女性)

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2018年9月29日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら